ラジオ体操は、小学生のころに経験がある、という人がほとんどいるほど、国民的な体操です。聞き馴染みのある音楽を聞けば、自然と体が動いてしまいますね。小さい頃は全ての動きを覚えていても、大人になると、部分的にしか覚えていない人も多いです。

 

最近は、ラジオ体操を特集した健康雑誌などの書籍やDVDなども販売されていますので、すぐに思い出せますよ。また、動画サイトでも動きがアップロードされているので、ちょっとした隙間時間を使って、場所を問わずに行えるようになりました。ラジオ体操は、数分と短い時間でバランス良く体を動かすことができるので、苦にもなりにくいことから、続けやすい体操といえます。

 

また、難しい動きもないので、小さい子供から、高齢者まで、年齢を問わず行えるのも魅力です。簡単な動きながら、体全体の筋肉をまんべんなく動かすことができます。普段あまり動かすことがない部分にも刺激を与えるので、体型が気になる人にも良い運動になります。

 

体操のプログラムも、準備運動からストレッチ、ねじり運動など、徐々に体をなれさせてプログラムを進めていくので、体への負担も少ないのが良いですね。朝にやる体操のイメージがありますが、17時以降のタイミングに行うのもオススメです。なぜ夕方の時間帯が良いかというと、一日の中で一番体温の上がるタイミングだからです。体温が上がっていると、カロリー消費も高まり、体の動きも良いメリットがあるからです。